VAIO XとW 導入しメイン機として利用する


VAIOの薄型ノートX(ネットブックではないそうです)と
Wを購入し、以前購入したPとあわせ
社内にVAIO Atomノートがそろいました。

今回、
Xは持ち歩き用のメインとして。
(Atom1.8G 128G SSD)
Wは検証、貸し出し用として。
(Atom1.6G 200G HDD)
購入。

DSC04134
Xは機能、サイズ、そして金額的に仕事にちょうど良いです。
Lバッテリーで1kg前後ですが4時間は持ちますし、
Office関係も十分に動きます。
ディスプレイサイズもこれぐらいなら仕事でも十分にストレスなく利用でき、個人的にもオススメします。

DSC00394
つぎにWもとにかく安くて、でもしっかり使えて、ということを十分に満たします。
Xに比べ、少しディスプレイが小さく、重さもありますが、コストパフォーマンスがすばらしいです。

X、W、そしてPと、AtomCPUの低価格VAIOですが
どれもWindows7でしっかり利用できています。

もし「遅い」、と思うなら、最初からサーバー側に仮想クライアントを構築し、リモート接続すればよいですね。
そういうときには宣伝になりますがこちらをご利用ください。

スマートフォンもよいですが、気軽に持ち運べ、いざというときに入力、編集もできるノートPCがやっぱり安心します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です