micromark 801に自作ツイーターとりつけ


かなり気に入りだして、便利なmicoromark801。
ですがやっぱりハイがほしい・・・
専用のツイーターは1万もするからなかなかでが出ない・・・
ということで、初めて自作で作ってみました。
<材料>
・ネットでオーディオ用の一番安いツイーター(2こセット)
・コンデンサ数種(いろいろ検証するため)
・100均で3個セットのミニタッパ
・ケーブルおよびジャック(あまりもの)
・100均でマジックテープ(本体に貼り付け用)
合計で3000円ぐらい?ほぼスピーカー代です。

出来上がりが写真のようになりました。

最初コンデンサなしで直接接続してみると、
やはりひずみ気味なので、コンデンサをかませました。

本体後ろのミュートボタンを押すと
「本体8インチスピーカーのみミュート」の仕様なので
ツイーターのみの音が聞けます。

結果は思ったよりもよい!でした。

バズの音やビン!っという8K以上ぐらいの音が無理なく聞こえます。
本体だけだと鼻つまみのような音でしたね。
ハイがでるのでぬけがよくなった感じもします。

逆にローミッド重視のmarkbass好きの方はおすすめできないかも。

やっぱりベースアンプといえども、フルレンジでなさないと!
と再確認しました。

かなり良いアンプに生まれ変わりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です