楽器でつかう9V電池の種類や電圧


ベースやエフェクターなどでよくつかわれる9V電池(角電池)。
アルカリを常に資料しています。

これでもメーカーなどによって音が変わる!とよく言われてますが、
ちょうど、ベースの音がなんかちがうな~と思ってたので交換する際に
いろいろチェックしてみました。

交換する電池はパナで8.5Vになってました。
(1年前に入れたもの)
電圧が下がると、何となく、ですが、
レンジがせまく、特に低音がひずむ、コンプがかかったような気分になります。

新品パナは9.5V
新品ソニーは9.7V

同じベースに入れ替えてみると
新品どちらも「ちょっと元気になった」

ふつうであれば8.5Vでも十分に使えるんですが、交換しました。
精神衛生上?にもよいですね。

次にメーカー別。
「パナは元気で低音ブーストぎみ」
「ソニーはおとなしい感じでレンジが広く感じる」

どちらも普通に使えば問題ありません。

結局、自己満足、気分の問題、が8割以上ですが、400円前後で
気分がよくなると思うと、ちょくちょくチェックして入れ替えたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です