作成者別アーカイブ: santoshuji

santoshuji について

福岡でITコンサルやさんをやってます。音楽も好きなので、いろいろと情報あげてます。

Windows10でNumLockを強制的にON


レジストリを変更してみました。

コンピューター\HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel\Keyboardの
InitialKeyboardIndicatorsを「2147483650」に変更
私の場合、規定は
2147483648
でしたが
2147483650
に変更しました。

Hyper-Vとか使ってますとなぜか、変わってよく困るので、これで様子見です。

WindowsUpdate後、RDPがつながらない


https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/05/02/2018-05-rollup-credssp-rdp/#menu4
「CredSSP と呼ばれる認証プロトコルの脆弱性に関する対策」の適用によって、「認証エラーが発生しました」などしてつながらい。
対策がいろいろと記載されていますが・・・サーバーなんて、そんな簡単にアップデートできませんので・・・
クライアント側の設定変更が早いです・・・が念のため、その都度戻しましょう・・・

javaの例外サイトを一括登録


ネットワーク機器などでIE+javaというのがいまだにあります・・・
今度どうなるかはわかりませんが、javaをインストールして、IE起動してアクセスしても、エラーが出て表示できない・・・
というときはコントロールパネル>java(32ビット)を開いてセキュリティタブの例外サイトに追加し、IEを再度起動しなおせばOK。

ですが、これが、ひとサイトずつ入力しないといけないんですが、設定ファイルがありました。
C:\Users\(ログインしてるユーザー名)\AppData\LocalLow\Sun\Java\Deployment\security
の「exception.sites」というファイルをテキストで開き、例外サイトを入力して、
IEを再起動すれば大丈夫でした。

TeraTermでコマンド流すときれいに流れない


YAMAHAネットワーク関係をよく扱っています。
最近はほんとGUIでさらり、とほぼ終わってしまいますが、多拠点になるとやっぱり流し込み。

でも、コマンドが飛んだり、うまく流れなかったりしますので
行間遅延を「100」にするとうまくいきます。

VMware Workstation 12 Playerを早くする。


Macbook12(2016)をBootcampのWin10メインで利用しています。
でHyper-Vwo利用しようとしましたら、OSから起動しなくなる・・・
おそらくハードウェアとか仮想化がらみとは思いますが、2015年モデルでは解決策ありですが2016年では解決策なし・・・
しょうがなくVMware Workstation 12 Playerでしのいでいましたが、
思った以上に遅い・・・と調べて見ましたら簡単に早くすることができました。
規程では、メモリとかも節約するようにHDDに転換したり・・・で遅いのは当たり前ですね。

すでに使っているVMの.vmxファイル(設定ファイル)をテキストで開き一番下に以下を張り付け。

MemTrimRate = “0”
mainMem.useNamedFile= “FALSE”
sched.mem.pshare.enable = “FALSE”
prefvmx.useRecommendedLockedMemSize = “TRUE”
MemAllowAutoScaleDown = “FALSE”

これで、思ったよりサクサク動き出しました。

Macbook12ないでサーバーも入れて、外出時やネットワークなしの環境で、テストとか
開発とかに重宝してます。

でも、ほんとはやっぱりHyper-Vのネイティブで動かしたいのですが、もう少し、様子見です。

Win10にアップしたらバックアップできない。タスクがエラーが原因


WIndows10にアップグレードした際によく出るエラーのようですが、
タスクマネージャーでエラーが出ます。
「タスク オブジェクトのバージョンが無効か、サポートされていません。 (HRESULT からの例外:0x80041313)」
のような感じです。

見つけたのはWindows7のバックアップと復元の機能が止まっていたところからでした。
(タスクのエラーでバックアップも進まない)

いろいろ手動で、あれこれしましょう!という対応内容が多いですが、簡単なツールがありました。
https://repairtasks.codeplex.com/
これでscanしてrepairすれば、バックアップも問題なく進みました。

Windows7の時点で、問題が発生しているのも多いですが、
手動であれこれしなくて助かりました。

筆まめクラウド


ちょうどお客様から顧客管理的なものない?と言われ探してました。
 
DynamicCRM、セールスフォースなどなど一般的ですが、ちょっとそこまでなくても・・・。
でも弥生顧客はちょっと限定的・・・
Excelでは共有とか連携とか、あと、間違って消したりとか・・・
 
とあれこれ探してましたら、
ちょうど、筆まめから出てました。
思ったより良い感じで、手軽に使えそう。
年賀状とかラベル印刷とかまでつながるのがよいですね。
そして簡単な案件管理、対応履歴もつけれて、クラウドで共有できるところが良いです。
 
業種固有の細かなことや、他システムとの連携をしようとするとやはり、作りこんだほうが早いですが、
サイボウズLiveと同じく日本的で好感が持てるサービスと感じました。
 
API公開して、連携できるといいですね。
あと、インポートはあるけどエクスポートが見つけられません。
 
もう少し、使い込んでみます。

WIndows10 メジャーアップデートでVPNのTCP/IPが変更可能に


Windows10ですが、かなり、まだ機能していない機能や不具合が多いです。
先日、メジャーアップデートが公開され、早速インストールしてみましたが、
困っていた、VPNのTCP/IP変更が可能になりました。
今まではプロパティボタンを押して表示できませんでした。
DNSとか、デフォルトゲートウェイと違うIPを指定したい、など、結構あったので、ちょっと嬉しいです。
ただ、VPN接続後、再起動できない(きれいにシャットダウンできない)問題はまだ、そのままでした。
DSC_1273DSC_1277
L2TP

マイナンバーメモ6(取得方法と注意勧告)


詐欺などに注意!
http://www.ppc.go.jp/files/pdf/151006_tyuuikanki2.pdf

こちらの3ページ目には事例が出ています。
http://www.ppc.go.jp/files/pdf/271102_tyuuikanki3.pdf

ミラサポのサイトでは
起業側として社員からのマイナンバー取得タイミングとして
【「平成28年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」に記載してもらう】
と記載されています。
https://goo.gl/ST6JYi

なるほど、実際に用紙をみると「個人番号」欄が追加されていますね。

DSC_0990 DSC_0991

 

 

 

 

 

 

 

あとは
【利用目的の明示するためのA41枚】を用意して
【本人確認】を何かしらの形で行えば済みそうです。

システム化するか?しないか?は
既存の業務処理フロー+マイナンバー管理フローを作り
煩雑さ×従業員数で判断するのをお勧めします。

今、属人的に処理されている企業さんはこのタイミングで、担当者の方に
「マイナンバーが始まるらしいから、ついでに、今の事務処理の手順書(フロー)つくってみて」と
お願いすることをおすすめします。