カテゴリー別アーカイブ: 仕事

お仕事関係

Hyper-V 仮想マシンの通信が止まる、反応しなくなる


Hyper-Vの案件は多く扱っていますが、ここ最近、ネットワークが止まる、という問題がありました。
特に何もなく利用できていたのが、いきなり通信できなくなる。
物理サーバー、仮想サーバーともにログも残らず、OSとしてはネットワークは正常。
ただ、通信できない。ネットワークアダプタを無効にし、再度有効にすると解決する(リセットする)。
でも、また、一時したら、通信できなくなる。ネットワークアダプタをリセットしない限り使えない。

これは困ったぞ、と思ってましたら、見つけました。
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2986895
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2902166
原因はBroadcomのNICでした。
VMQという機能がデフォルトで有効ですので、これを無効にすることにより解決。

VMWareが「IntelNIC限定(無理をすればBroadcomも使えますが)」としていること、
そして金額が倍近くすることを考えても、やはりインテル製NICにするのが無難かもしれません。

マイナンバーメモ4(とアイディアメモ)


マイナンバーの個人番号カードには電子署名が入っている?電子署名ができる?と考えると
ファイルを送る際の暗号化及び、改ざんされていないことや作成者の証明が可能となる。
国が発行した署名なので、それを信頼するとするとハンコと同じでは?と。

ここまでが正しい、と考えると、次は電子ファイルへの署名が可能と考えられる。
昔から問題なっているのが、「紙ベース」での運用。これをシステム化しようにも
「原本が必要」「印鑑とサインが必要」などの問題で、思考が停止してしまっている。

これを
「電子ファイル+個人番号カードで署名」がOKとなれば、紙ベースの運用がかなり削減される。

次の段階として
ここまでの基礎要素がOKだとしたら、医療分野で使ってみては?
地域連携、地域包括システム、今後の介護問題など、
医療+介護+地域がつながらないといけないが、現状では「主治医のサイン,ハンコが必要」など、紙ベースが多い。
これを、個人番号カードで署名して、電子的に送って完結させる。
レセプトや画像の電子化を推し進めたときのように、電子化した場合に点数も上げる。
運用も簡素化され、コストも下がる。保険負担も下がる。

また、お金の問題だけでなく、
今後の人不足、医師不足、など含めて在宅診療、在宅介護、遠隔診療など、紙ベースでは面倒なことも
解決できる。

マイナンバーメモ3


運用が確実、絶対になり、いろいろと不満、不安、問題点も出てきてますが、「進めないと始まらない」といった感じでしょうか。
徐々に、消費税減税できるなど、国民の利点案も出てきています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150908/k10010219961000.html

<リンク集>
Q&A
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/faq/index.html

お問い合わせ先
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/contact.html

 

マイナンバーメモ2


・住基カードを持っている人はどうなる??
→個人番号カード(顔写真付きのもの)を発行する際に持参する。その時に、引き換える形になる。
・E-TAXで使っていた、住基カードやカードリーダーは使える??
→そのまま使える。
※検証はできませんが、コールセンター側の回答として確認済み
※証明書が新しくなるかもしれないので、何かしらの初期設定など必要になるかもしれません。
※と、いうことは基本的にはカードの仕組み的には住基と同じかもしれません。

※個人的に情報収集した内容になりますので、詳細は関係各所へご確認ください。
※今後も多々変更が出ることが予想されます。

マイナンバーメモ1


<セミナーやWebでの覚書1> (2015年9月9日加筆修正)
・個人番号カードは実質11月~12月ぐらいにしか手に入らなそう。
 →2016年1月以降に発行。申請してから1か月はかかりそうなので、実質2016年2月ぐらいにもらえそう。
・住基ネットが化けた、と思うと早い。住基カードは個人番号カードへ移行する
・個人番号カードは、住基カードリーダーでも使える?
→使える予定とのこと(サポートセンター談)
・個人番号カードで電子署名できるのなら、全員で暗号化、本人証明メールが利用できるようになる?
・電子署名を使ってオンラインでの手続きも簡素化される?
・法令などで「望ましい」は努力目標ととらえる。
・現在は個人情報漏えいにスポットが当たっているがメリットも多い、が、まだ、具体的なメリットは出てきていない。
・一部、一般企業でも連携して利用できる、とも書いているし、番号は社員番号などで使ってはNGなど、
もう少しはっきりするまで様子をみる必要がある。
・特に外部コンサルまでは不要。(予算が潤沢なら、外部コンサルへ導入支援を委託することで負担は低減されるが・・・)
・企業のメインは個人から番号を取得するフロー、手順の確認。官公庁などへの書類へはマイナンバーを追記する程度。
・小遣い程度に別収入がある人、源泉徴収してない報酬、などはばれてしまうかも。逆にいうと、まっとうにやっている人は特に問題はでない。
・いろいろな連携するケースがあるため、数年はトライアンドエラーでの運用になる。ことを国民は理解して協力していく必要あり。
・本人確認は基本対面で、確認書類のコピー保管などは不要(本人確認を行った、という記録は残したほうがよい?)
・本人確認は複数人でダブルチェックして、それを記録しておく?
・基本方針や本人確認時のテンプレートある?→徐々に出てきている。
三宅法律事務所

※個人的に情報収集した内容になりますので、詳細は関係各所へご確認ください。
※今後も多々変更が出ることが予想されます。

勝手に 東京JAZZ2015 タイムテーブル 一覧


場所を横断するタイムテーブルがないのかな?と
事務局にメールでお問い合わせしたら

「当日配布するパンフレットのみしかございません」

ということで勝手に作ってみました。

2015東京JAZZ勝手にタイムテーブル

正式な情報はこちらをご覧ください。
http://www.tokyo-jazz.com/

PhpStorm導入!!


VB.Netの場合はVisualStudioを使いますが、
Web系はPHP+JSをよく使ってます。
なにか便利なツールないかな?IDE?統合開発ツールは面倒そうだし、なんか設定やらプラグインやらあるし、そこまでガッツリの開発はしないからな・・・とおもってましたが
やっぱり、効率のいいものないかな?と思って、PhpStormというのを使い始めました。

https://www.jetbrains.com/phpstorm/

インストーラーを入れたらサクッとつかえるのがいいです。
変更履歴も勝手にとってくれてるし、DBやソース間の参照、連携もしてくれてます。

表示が日本語じゃないのですが、英語の勉強かねて、あれこれ触って見つけるのも楽しい。

たぶん、ごりごり開発されるかたからすれば10年以上遅れてる感覚ですが
自分に合う道具を見つけると、わくわくしてきます。

WebArena SuiteX 設定メモ


(たまにしかしない作業のメモ&自動POSTテスト)
SuiteXのPHPは、デフォルトでは5.1
php5.3を利用する場合は
.httaccessに
AddHandler application/x-httpd-php53 .php
と記述してアップ
現状は5.3.3

ini設定変更は.user.iniファイルに記述してアップする
ファイルダウンロードなどする場合
output_buffering = 4096
ファイルアップロードサイズなど
post_max_size = 100M
upload_max_filesize = 100M

どちらも、設置ディレクトリ配下に有効

新しいMACのBOOTCAMPでwindows7は動くか?


結果としてはインストールできませんでした。

自己責任でいろいろとすれば入りそう、という感じですが、
メーカー推奨の方式では、BOOTCAMPでパーテーション分割や、ソフトウェアダウンロード時にメッセージが出て進めませんでした。

いろいろ調べて頑張って入れるより、Windows8、10を使ったほうが早いですね。

「業務ソフトがWindows7しか動かないから・・・」というのは
ソフト、システム購入・導入時の長期的な計画(サポート体制が大丈夫か?保守、バージョンアップ費用は考えてるか?などなど)がなされていないのが大半です。