Hyper-V応用 VMMでセルフポータル


VMMインストールのオプションとして
セルフポータルというサービスがあります。

今後、ますます自分たちでサーバーを

「持つ、買う」

のではなく

「利用する」

が当たり前になります。
(大手ネットショップポータルな行間で書いてみました)

その際に利用するのがセルフポータルになります。

Webブラウザで(IE推奨)仮想マシンが管理できる・・のは
Virtual Serverもそうでしたが、制限を設けて
・仮想マシン作成、削除
・ISOファイル、物理ドライブのマウント
などログインしたユーザーごとに制限をかけて利用できるようにります。

「じゃ、どんどん仮想マシンがつくれる?」というとそこもしっかり
プリペイド制?チケット制?といいますか、
ログインユーザーにはあらかじめ
財布がありまして、仮想マシンが買えるお金(クォーターポイントといいます)があらかじめ割り当てられています。
各仮想マシンのテンプレートにも値段がついてます。
Xpなら300円、Vistaなら500円、Windows7なら700円という感じでしょうか。

お財布に1000円はいっていたら
Xpを3台
Xp1台にWindows7 1台
というようにお財布の上限まで利用できます。
不要になった仮想マシンは削除すれば、お金は戻ってきます。

設定次第ではグループで携帯と同じく
「わけあえる」こともできます。

ご興味のある方はタイズまでお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です